自己脱毛処理の方法によって異なってくる脇への影響

自己脱毛処理の方法によって異なってくる脇への影響

自分で脇のムダ毛を処理する場合、カミソリや毛抜きを使うという人は非常に多いです。その他にもクリームやワックスなどを使ってムダ毛処理をするという人もいます。

 

自己脱毛の方法は、「剃る」「抜く」「溶かす」「脱色する」の4通りあります。そのため、脱毛方法の違いによって、脇の毛に与える影響は微妙に異なってきます。

 

剃るという方法は、肌表面に伸びている毛を断ち切るだけなので、直ぐに毛が生えてしまいます。反面、広範囲に処理ができるため、体のどの部位でも処理できます。

 

毛を引き抜く方法は、剃る方法よりも効果が長持ちしますが、強い痛みが伴います。表面の毛を薬品で溶かす方法は、痛みが少ないけれども剃る場合と同様、効果が長続きしません。

 

毛の色を抜くという方法は、痛みがないけれども、毛が伸びてくると色の違いが出てくるため不自然に見えます。

 

以上のように、脱毛の方法によって、毛の再生スピードに違いがあるため、脇の下へも影響してきます。したがって、脱毛方法による脇の下への影響を理解したうえで、自分に適した方法を選んでいくことが大切です。