脱毛 副作用

レーザー脱毛の副作用

脱毛18歳の女性2

今はムダ毛の処理を専門のエステティックサロンや医療クリニックでおこなっている人は少なくありません。脱毛方法の種類も増えましたし、価格も昔に比べるとかなりお安くなったのがその理由ではないかと思います。

 

しかし、そんな便利で嬉しい専門家による脱毛ですが、専門家にしてもらえば副作用がないと断言できるわけではありません。

 

たとえば、医療期間でおこなうレーザー脱毛はほぼ永久的に脱毛ができると人気がありますが、やはり副作用の可能性はゼロではありません。たとえば、ひげのような濃く太い毛が密集している箇所はレーザーが強く反応してしまいますので数時間は赤みが残ります。また、毛膿炎と言ってにきびのような症状が出ることもあります。これも男性のひげや胸毛などに多い副作用の一つです。

 

最後は火傷です。これは最もよく起こるケースで、レーザーが肌表面に過剰反応すると起こります。特に肌のデリケートな人などは要注意です。しかし、これらの副作用をきちんと理解し対処すればレーザー脱毛はとても安全で安心な脱毛方法と言えるでしょう。