昔ながらのガムテープでの脇の脱毛はデメリットが多すぎ

昔ながらのガムテープでの脇の脱毛はデメリットが多すぎ

脇の脱毛で、昔からある方法にガムテープを使うというものがあります。脇の毛を毛抜きで一本一本抜いていく作業は、かなり大変です。しかし、ガムテープを使って処理すれば、一気に毛を抜くことができるので、この方法を使う人もいるようです。

 

そのうえ、準備する道具はガムテープだけなので、費用が少なくて済むのもメリットのようです。確かに、費用が少なく手間がかからないというメリットは、魅力的です。

 

けれども、皮膚のダメージを考えると、デメリットの方が多い脱毛方法だといえます。デリケートな脇の下に粘着テープを張って、勢いよく剥がすのは、肌にとって相当なダメージです。

 

また、毛根からキレイに毛を抜くことができれば良いですが、途中で毛が切れてしまい埋没毛になるリスクもあります。テープでの脱毛を繰り返すことによって、毛穴がボコボコと目立つ、肌が伸びてしまうといった肌ダメージを受けるリスクが高くなります。

 

ガムテープでのムダ毛処理は、メリットよりデメリットの方が多いです。テープでの自己処理は止めて、せめてカミソリやシェーバーでの処理に変更するようにしましょう。